千葉県全域(松戸、柏、千葉、幕張) | 徹底した目的別・少人数制 | アルドールテニスステージ

TOP > ジュニア

ジュニア

アルドールのジュニアクラスをご紹介します。

アルドールでテニスをはじめよう

テニスは身体全体を使って複雑な動きをするスポーツなので、幅広い運動能力を向上させることができます。
また、自分で考える力や相手を敬う姿勢などが求められ、「心」の成長も自然に促されます。長い歴史を持つ国際競技でありながら、子供から大人まで生涯にわたって楽しむことができる『テニス』を、アルドールではじめましょう!

■きめ細かなレベル分け・少人数制クラスだから安心

テニスを始めたばかりの初心者から経験者、試合に勝ちたいジュニアまで、きめ細かなレベル分けによるクラス設定を行っています。ジュニアクラスでもアルドールの特長である「少人数制レッスン」を導入していますので、コートを広く使い存分にテニスを楽しめることに加え、行き届いた指導を実現しています。 また、レベル毎にラケットに巻くグリップテープの色分けを実施しており、レベルアップへのモチベーションの向上につながっています。

■地域のニーズに応えたクラス設定。試合やキャンプなど、イベントもいっぱい!

テニスに触れる機会の少ない地域や、近辺での試合開催が多くテニスが活発なエリアなど、地域によってニーズは様々です。アルドールでは校により選手向けクラスを設けるなど、地域に合わせたクラス編成を行っています。また、校内で試合を多く取り入れたり、近隣の施設を使い合宿を行ったり、多様なイベントを実施したりと、テニスをより楽しめるよう働きかけています。

各校のジュニアクラスの詳細

テニスでからだと心を育てよう

■スポーツの始めどきは「ゴールデンエイジ」

神経発達の度合いがピークを迎える「ゴールデンエイジ(8〜12才頃)」は、生涯の運動能力に大きな影響を与えると言われています(下図参照)。また 、3〜8才頃にも「プレゴールデンエイジ」という基礎運動の習得に適した時期があります。
「ゴールデンエイジ」には、何でも短時間で習得することができるので、スポーツの基本から高度なテクニックまで、この時期に獲得するのが最も効果的と言われており、また精神面の発達も著しい時期なので、頭を使う複雑な競技を行うことも適しています。
「プレゴールデンエイジ」は、ゴールデンエイジを迎える直前の大切な時期。走る、跳ぶ、つかむ、投げるなどいろいろな種類の動きを楽しみながらたくさん遊び、未来の土台を作りましょう。

~スキャモンの発育曲線~

■PLAY&STAYに基づいたレッスンで、楽しみながら上達

アルドールでは、PLAY&STAYプログラム(※)に基づいた指導でスムーズなレベルアップを促すと共に、早い段階から本格的なラリー・ゲームを行いながら、子供に「気付き」や成長のきっかけを与えていきます。(※PLAY&STAYプログラムとは、国際テニス連盟が開発した指導法で、世界の子供達がこのプログラムで育っています。年齢やからだの成長に合った大きさのコート・ラケット・飛びを抑えたボールを使うことで、始めたその日からテニスを楽しむことができます。)

~PLAY&STAY 3つのステップ~

■「コーディネーショントレーニング」に注目

あらゆる動作の前提として必要な、五感の情報を脳に伝えて身体に命令を伝達する神経系の能力。この力をコーディネーション能力といい、「定位・識別・連結・バランス・反応・リズム・変換」の7つに分類されます。
走る・打つ・道具を使う・瞬時に判断するなど、あらゆる複雑な能力を使うテニスは、これらを鍛えるのにぴったりです。アルドールのジュニアクラスでは、これらの能力を効果的に鍛える方法として有効な「コーディネーショントレーニング」をレッスンに取り入れ、バランスよくすべての能力を鍛えていきます。

~コーディネーション能力とテニスの動き~
能力 意味 テニスの動き(例)
反応
能力
合図や情報に素早く反応・対応する力 相手の打つボールに反応し、動き出す
定位
能力
自分とモノの位置関係を把握する力 相手の打ったボールと自分の距離感をつかむ
変換
能力
状況に合わせて動きを変化させる力 相手の打ったボールのコース・スピードに合わせて
動く方向・速度を変化させる
リズム
能力
リズミカルにタイミングをつかむ力 タイミングを合わせ、リズミカルにボールを打つ
連結
能力
身体をスムーズに動かす力 全身を使ってラケットをスイングする
識別
能力
手や道具を上手に使う力 ラケットを使い、正確にボールを打つ
バランス能力 バランスを保ち、体勢を立て直す力 バランスを崩さずにラケットを振ったり走ったりする

■テニスで育む「健やかな心」

テニスは相手とボールを打ち合い、相手と競い合うスポーツ。しっかりと自分を持ちながらも、「相手」を尊重する姿勢が求められます。レッスンでは挨拶や礼儀を養うとともに、勝ち負けの厳しさや楽しさを通じて「心」を育て、自立を促します。テニスを通じて子供達の人生が光り輝くよう、アルドールが情熱サポートいたします。

お客様の声

H.Nさん(13歳/男/J3クラス/北松戸校)

テニスは楽しくて、レッスンはいつもあっという間に終わってしまいます。コーチはお兄さんみたいで、たまに厳しいけど面白いです。試合に出てみたいです。

R.Yさん(4歳/女/KIDクラス/柏の葉キャンパス校)のお母様

早いうちからスポーツの習い事をさせたいと思い、通い始めました。レッスンではラケットを使う以外にも、バランスをとったりジャンプしたりといろいろな動きを遊びの延長のように促してくれるので、楽しみながら続けられそうです。

K.Aさん(6歳/男/JrStクラス/おゆみ野校)のお母様

家が近いので試しに始めてみたら、毎週喜んで通っています。コーチがきめ細かく見てくれるので、安心してお任せしています。キッズクラスからジュニアスタークラスにレベルが上がり、ますます張り切っているみたいです。

N.Wさん(4歳/男/KIDSクラス/幕張新都心校)のお母様

体を動かすことが好きな子供になって欲しく、スポーツの習い事を探していました。キッズクラスも少人数制なので、おっとりした我が子ものびのびボールを追いかけています。

T.Yさん(12歳/女/J2クラス/北松戸校)

学校以外の友達と仲良くなることができて、とても嬉しいです。
テニスはまだ始めたばかりですが、力強く打ったボールで点が取れるとすごく気持ちが良いです。
もっとうまくなって、コーチからも点を取れるようになりたいです。

T.Kさん(11歳/男/Rクラス/柏の葉キャンパス校)

今年の4月からテニスを始めました。最初は全然ラリーが続きませんでしたが、最近では続くようになりました。レッスンでは友達との試合やコーチとの打ち合いが楽しみです。
早く次のレベルに行けるように頑張ります!

M.Yさん(7歳/女/Jr1クラス/おゆみ野校)のお母様

娘が小学2年生になったのをきっかけに新たな習い事を探していたところ、たまたまポストにチラシが入っていて、体験レッスンを申し込みました。体験後の娘の笑顔と、やりたいという気持ちが凄かったのを覚えています。娘の同級生のお母さんとアルドールで仲良くなったりと、とても居心地の良いスクールで、出会えて本当に良かったと思っています。

S.Sさん(10歳/女/J2クラス/幕張新都心校)のお母様

近隣のスクールに通っていましたが伸び悩んでいたところ、お友達から紹介してもらい体験レッスンを受講。1面をフルに使い、少人数で教えてもらえることに魅力を感じ入会を決めました。
定期的に行われるスクール内の試合も良い目標となっているようで、毎週楽しみに通っています。

※クラス編成(クラス名)は校により異なります。詳しくは各校のジュニアクラスの詳細をご覧ください。

▲ ページトップへ