アルドールテニスステージ

幕張新都心校

ブログ

YONEXストリンギングチームに参加してきました!

2016年7月7日

こんにちは! 幕張新都心校の幸野です。

すこし時間が経ってしまいましたが…
5月23日(月)〜28日(日)までの期間、東京お台場有明テニスの森公園にて、
車いすテニス世界国別選手権が開催されたことを皆さまご存知かと思います。

mkh_blog_160707_01

BNPパリバ ワールドチームカップ(団体戦です)。男子だけで24ヶ国の選手が参加、
日本からはオリンピック金メダリスト国枝慎吾選手や、上地結衣選手が出場しました。
→「ワールドチームカップ」ウェブサイト

この大会前日の練習日と初日(22日と23日)の2日間にわたり、
大会公式スポンサーのYONEXストリンギングチームとして参加してきました!

 

↓YONEXブースです。有明コロシアム西口に設営されました。
mkh_blog_160707_02

↓そして、今回チームに参加したメンバーです。

mkh_blog_160707_03
ストリンギングチーム・リーダー、スポーツオーソリティの市川さん(写真中央)、
イトウラケットスポーツの渡辺さん(写真左)、そして私幸野(写真右)。
以上3名のストリンギングチーム登録者とYONEX社員の方たちで、出場選手のラケットの張り上げを担当しました。

 

使用したマシンはこちら↓↓
mkh_blog_160707_04

↑グランドスラム等の国際大会で使用されている、YONEXのマシンです。
このマシン!! これまで数多くの国際大会で活躍してきたらしく、
たくさんのYONEX契約の超有名選手たちのサインがありました。
(YONEXとストリンガーへの感謝を込めてのサインだと思います。丁寧に使用させて頂きました。)

国枝慎吾選手も張り替えにいらっしゃり、今回は市川ストリンガーが担当しました。

 

mkh_blog_160707_05

↑張り上げたラケットはビニールに包んで選手へのお渡し待ちになります。

 

大抵の選手の希望テンションは、当校の男性C4~の方が張られるテンションとほぼ変わりません。
おおむね53ポンドか24キロ(キロでテンションを指定してくる選手も半分くらい、
ポンドに換算すると24キロ=52.9ポンド)のテンションの指定をされる方がとても多かったです。

ちなみに2日間の張替え依頼では60ポンドが最大のテンションでした。
車いすでコート中を駆け回りながらボールを打つには、相当な筋力、特に腕力が必要なので、
皆さんかなり上半身が充実した体つきをしています。
見たところ、幕張新都心校一、マッチョで腕が太い大杉亮輔コーチよりも男性は1.5倍、
女性もほとんど変わらないくらいの腕の太さでした。

その上半身をもってしてもテンションは53ポンドくらいで充分ならば、
初心者やジュニアの年代などの方達にはもっと低いテンションや
柔らかいガットを提案していくのが妥当なのかな、などと感じました。

またこのような機会があれば参加して、色々と勉強してきたいと思います。

月別

まずは体験レッスン!

アルドール幕張新都心校に
来てください

皆様にぴったりのクラスでテニスを始めていただくために
「体験レッスン」のご受講をお勧めしています。まずはアルドール幕張新都心校にお電話ください。

WEBからお申し込みのお客様には、後日スタッフよりご連絡させていただきます。

ページトップへ戻る