千葉県市原市のインドアテニススクール | 徹底した目的別・少人数制 | 内房線八幡宿駅発バス 金杉橋下車徒歩5分 | アルドール 市原校

TOP > 市原校TOP > ブログ

ブログ

アルドール市原校のスタッフブログです。

ナイロンガット 打ち比べレポート

2018年12月19日

こんにちは。市原校の幸野です。

今回は市原校で取り扱いしているナイロンガット、
「レクシス1.25」と「X-ONE1.24」の試打を実施したレポートです。

 

左がX-ONE、右がレクシスです。

 


試打で使用したのはヨネックス EZONE100 (300g)グリップサイズ2
同じスペックの2本を使用しました。
テンションは2本とも縦横共に50ポンド、
使用する1時間前に幸野が張り上げており、
ガットの銘柄以外は同条件での比較になります。

 

レッスン終了後に池田・久保・照井コーチに試打してもらいました。
コーチ達のコメントを紹介します。

【レクシスの感想】
・フラットのボールを打つのに向いていました。
・柔らかく、ボールがよく飛んでくれて楽に打てます。
・レクシスはラケット面の向いたほうにフラットに飛んでくれるので、相手のボールに合わせて打つのに向いていると感じました。

【X-ONEの感想】
・スピードが出て回転がかかりやすいので、サーブの時に特に感触が良かったです。
・回転のかかりがよく、スナップバック(打球時にガットがずれて戻る動き)を感じられる。
・打球感、回転のかかり、スピードのバランスが良いと感じた。

 

総合的に、レクシスはボールの反発力が良いです。
私も試打したところ、スライスが特に楽に打てると感じました。
丁寧にラケットを振る方やボールを楽に打ちたい方にお勧めといえます。
一方でX-ONEはボールの飛びも回転のかかりも良いので、
回転でボールをコントロールして、なおかつ楽に打ちたいという方にお勧めのナイロンガットです。

次回、ガット張替えの際の参考にしていただければ幸いです。

▲ ページトップへ