千葉県市原市のインドアテニススクール | 徹底した目的別・少人数制 | 内房線八幡宿駅発バス 金杉橋下車徒歩5分 | アルドール 市原校

TOP > 市原校TOP > イベント

イベント

アルドール市原校のイベント情報です。

【報告】11/22 一般 休講日イベント

2018年11月26日

こんにちは。
コーチの照井です。

11月22日(木)の休校日に一般会員様向けのイベントを行いました。

10:00からは女性限定ダブルスクラスを幸野コーチが実施しました。
今回のテーマはバックハンドの高い打点のボレーとスマッシュでした。
バックハンド側への高い軌道の返球は力が入りにくいので、
返球の難しい状況になりやすいです。
つまり、苦手や弱点になりやすく、試合巧者の方が狙って来ることも多いです。
・今回は難易度の高いバックハンドの高い打点のショットを、
 基本テクニックとスペシャル版に分けてショット練習。
・高い打点の返球コースを実践形式で説明と特訓を
 重点的に行いました。

参加された皆様が今回の特別レッスンの内容を、
これからのテニスで活かしてもらえると嬉しいです。

すみません、集合写真を撮り忘れてしまいました。

 

19:30からは「炎の3時間!特別テーマレッスン」
C0、C2、C3、C4クラスを実施しました。

 

C0クラスは菅野コーチが担当しました。
テニスを始めたばかりの方も多かったですが、
ダブルスの形式を様々な形で練習しました。
簡単にポイントを取るためには「ボレー」が大切です!
苦手だと思っているボレーも使ってみると意外とポイント取れるはず!
試合でしっかりと使えるように引き続き練習していきましょう。

 

C2クラスは久保コーチが担当しました。
今回は雁行陣でのポイントの組み立ての基礎となる
後衛の配球と前衛のポジショニング、その準備の練習をしました。
その基本となる配球、ポジショニングをマスターし
ゲームの中で駆け引きが生まれることで
テニスの面白さに繋がってきます。
今後もぜひ活かして頂ければ幸いです。

 

 

C3クラスは坂井コーチが担当しました。
テーマがボレーということで
ボレーのラケットワークとボールへの入り方を主に練習しました。
ダブルスの中で使うボレーは、コントロール力が大切です。
練習したラケットの使い方とフットワークを自分のモノにして
自信を持ってボレー出来るようにしていきましょう!

 

C4クラスは照井が担当しました。
ボレーが課題とされているので、
今回はオープンスタンスとクローズスタンスを
意識して練習していきました。
早いテンポになれつつ、遅いボールに対しては踏み込んで打つよう促しました。
ボレーのミスを減らしていき、自信もってネットプレーをしていけるよう頑張りましょう。

 

こういったイベントもこれから実施していくので、今回参加できなかった方も、
次回はぜひ、ご参加下さい。

▲ ページトップへ