千葉県千葉市緑区のテニススクール | 徹底した目的別・少人数制 | 京成千原線学園前駅徒歩0分! | アルドール おゆみ野校

TOP > おゆみ野校TOP > ブログ

ブログ

アルドールおゆみ野校のスタッフブログです。

【AZUブロ】サービスの進化!

2020年3月16日

こんにちは、東です。

突然ですが、皆さんはテニスのサービスはどう考えて打っていますか?

エースを取ろう! レシーバーを崩そう! バックに入れよう。 とりあえず入ればいいか。
など、色々な考えがあると思います。

そんなサービスについて面白い記事を見つけましたので
少し紹介させてください。

「ジョコビッチのサービス進化!」

気になりました。
ジョコビッチがこれ以上何を進化させるのか。
そもそもまだ進化するの? と思いながら読んでみました。
確かに、イズナーやフェデラーなどに比べ、
ジョコビッチのサービスが武器という印象は弱い、というのが私の個人的な感覚でした。

記事によると、2019年のサービスゲーム獲得率は、
1位 イズナー 94%
2位 フェデラー 91%
同 オペルカ 91%
4位 ナダル 90%
5位 ジョコビッチ 88%

ジョコビッチのサービスが凄いというより、ショット全般が凄く
当然のようにキープしているという印象がありませんか?

しかし、ここ数年ジョコビッチはサービスが進化しているらしいのです。

その証拠が以下の数字です。
ジョコビッチの1試合平均のサービスエース数
2016年 3.8本
2017年 4.1本
2018年 5.3本
2019年 5.7本
そして、今シーズンは現在7.2本だそうです。
こ、これは明らかな進化です。
32才にして更なる進化。素晴らしいですね!

全豪でジョコビッチは以下のようにコメントしています。

「今年のサービスは素晴らしいと感じている。
多くのポイントをとることができた」

「1stサービスの確率をあげると、より快適に、
自信を持って高いレベルのテニスを披露することができるようになる。
チームと共にオフシーズン多くの練習を行った。
気分も良く、素晴らしいリズムで打てている。
あらゆる調整が必要なのは分かっているが、これまでのキャリアで最高のサービスだったと思う」

今期、公式戦負けなしの18連勝!
まだまだ進化していくのですね。

サービスは唯一自分のトスで、自分のリズムで打てるショットです。
皆さんも、もっともっと進化していきましょう!

それでは、続きはコートで!

▲ ページトップへ