千葉県千葉市美浜区のインドアテニススクール | 徹底した目的別・少人数制 | 京葉線新習志野駅バスで5分! | アルドール 幕張新都心校

TOP > 幕張新都心校TOP > ブログ

ブログ

アルドール幕張新都心校のスタッフブログです。

水分補給だけじゃダメなんです!

2021年7月23日



皆さんこんにちは!
幕張校の湯原です。

いよいよ梅雨も明けて
夏本番の暑さになってきました!

夏の時期が好きな僕としては
ついついテンションが上がってしまいます。

ただこの時期に気をつけたいのが「熱中症」ですよね
しっかりと予防して、熱中症にならないように気をつけたいところです。

しかしながら
皆さんはしっかりと水分補給をしていたのに熱中症になってしまった。
なんて経験はないでしょうか?

実は、熱中症予防として水分補給は最低限のものであり
それだけでは、熱中症になってしまうことが多々あります。

そこで今回は、水分補給以外の熱中症予防を皆さんにご紹介いたします。

熱中症予防その① 暑熱馴化
簡単にいえば、暑さに身体を慣れさせることです。
暑さに慣れていないうちは、体内の熱を効率よく対外に放散させることができず
体温が上がったままになり、熱中症をおこしてしまうことがあります。

室内の涼しい場所にいるだけではなく、少し外に出てみたり
シャワーだけではなく入浴をして、しっかりと汗を出すようにするといった
暑さになれるための行動をすることが重要になります。

また身体が暑さに慣れるには、1~2週間ほどかかります。
2、3回外で練習をしたからといって、まだまだ暑さに慣れていないので注意が必要です。
外で試合などに出られる方は、2週間前からしっかりと準備をしていきましょう。

熱中症予防その② 糖+ミネラル補給
汗をかいたときに水分補給をするのはもちろんですが
それと同時に糖とミネラルの補給も重要です。

ここでいうミネラルはナトリウム・カリウム・カルシウム・マグネシウムの4つで
これが不足するとめまいや立ちくらみ、筋肉のけいれんをおこしてしまいます。

また、効率よく水分を補給するには、糖分を含んだ飲み物が必要で
3~8%の糖分を含んだ飲み物が(要はスポーツドリンクです)適していると言われています。

気温が高い日や汗を掻く運動を行う際は
水分補給の際にこれらの糖+ミネラルを一緒に補給するよう心掛けてください。


以上が水分補給以外でやってほしい熱中症予防です。

暑い日が続きますが、熱中症に気をつけてテニスを楽しみましょう!
それではまた!

▲ ページトップへ