千葉県松戸市のテニススクール | 徹底した目的別・少人数制 | 常磐線北松戸駅から徒歩5分! | アルドール 北松戸校

TOP > 北松戸校TOP > ブログ

ブログ

アルドール北松戸校のスタッフブログです。

(新)豊田ブログ 第2弾「グリップの握り方について」

2018年3月12日

こんにちは。豊田です。

前回のブログは読んでいただけましたでしょうか。
少しでも参考になれば幸いです。

 

今回のテーマは「グリップの握り方について」です。

グリップの握り方は人それぞれ異なります。

フルウエスタン、ウエスタン、セミウエスタン、イースタン、コンチネンタルと握り方にも名前がついています。

実際プロの選手でも握り方は皆バラバラですし、沢山試行錯誤してきたなかで、
自分に一番合う握り方を見つけてきたのだと思います。

僕も色々なグリップを試してきた中で、自分に合う握り方を見つけてきました。

最近でも調子が悪い時は、握り方を少し変えることもあります。

握り方が変わると振り抜きやすくなったり、フラットが打ちやすくなったり、回転がかけやすくなったりと、
その握り方にもよりますが、何かがやりやすくなったりすることがあります。

また、僕は色々な握り方を試してきたことで、フォームを見ただけでその人の握り方が分かるようにもなりました。

これは実際の試合でも役に立ちますし、レッスンの中でも非常に役立っています。

まだ他の握り方を試したことのない方は是非試してみて下さい。何かを変えるキッカケになるかもしれません。

 

この「試したことのないことを試す」という方法は、他のことでも非常に役立ちます。

例えば、相手のスライスショットがどっちに曲がるか分からなくて返球出来ない方。

曲がる方向が予測出来ない方というのは、大体の方がスライスショットをあまり打てない、
もしくはスライスで曲げるということ自体をあまり試したことがないというパターンが多いと思います。

自分が打ったことがないから、どのように打ったらボールがどうなるかが予測しづらいのです。

ダブルスの試合で、相手が並行陣で戦ってきて、その対処に困る、
どう崩していいか分からないという方も同じパターンです。

まずは自分自身が並行陣をしっかりと実践していき、その中でこれをやられたら嫌だなと感じることが大事なのです。

自分が実践して、相手がこれをしてきたらやりづらかったなと思ったことを、
今度は相手が並行陣の時に使っていけばいいのです。

そういう感覚で練習に取り組んでいけば、また少し変わっていくキッカケになると思います。

是非、実践してみて下さい!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

▲ ページトップへ