千葉県松戸市のテニススクール | 徹底した目的別・少人数制 | 常磐線北松戸駅から徒歩5分! | アルドール 北松戸校

TOP > 北松戸校TOP > ブログ

ブログ

アルドール北松戸校のスタッフブログです。

本気のテニスブログ

2019年8月15日

皆さん、こんにちは! 牛田です。
ブログリレーの順番が回ってきました。

今回は「本気のテニスブログ」ということで
豊田コーチからは難しいお題ばかり振られるのですが、
いつもブログを楽しみにしてくださっている皆さんの為にも
真剣に語らせていただきます。

 

皆さんはテニスを始めてどのくらい経ちますか。

私は中学・高校で軟式テニスをしており、
硬式テニスは専門学校に通い始めてからで、今年で4年になります。
アルドールに入って最初に感じたのが、「もっと上手くならないと!!」でした。
短期間で上達し、お客様にレッスンで迷惑をおかけしないよう技術を上げる必要がありました。

そして今、1年前から私のテニスを見ていた方から「牛田コーチ、テニス上手になったね。」
と言われるまでに、自分のテニスが変化しました。
では、この1年間で行なった練習をどのように取り組んだのかお話しいたします。

 

練習をする上で大事なことは
・自分は何ができていないかを知る事。
・正しい知識をつける事。
・出来るようになっても継続する事。
以上の3つだと思っています。

 

【自分は何ができていないかを知る事】
皆さんからよく「私〇〇ができない。」と耳にします。(○○はショットの名前)
例えばフォアハンドができないとします。
私の場合は、フォアハンドのスピンが自分の思っている以上にかかっていませんでした。
ぶっちゃけてしまうと、スピンのかけ方を分かっていませんでした。

このように、ショット全体ができないと決めつけるのではなく
より細かく分析して欠点を知ることで、何を練習すればいいかが明確になっていきます。

 

【正しい知識をつける事】
昔「テニスに正解はない」と言われたことがあります。
インターネットやSNSで検索すれば、世界中の人がショットの解説を投稿しています。
書店に行けばテニスに関する本が沢山あり、どれが正しいかなんて正直わかりません。

私が思う正しい知識は、雑誌・SNS両方に載っている情報です。
例えばストロークのスピンをかけるには、「ラケットをボールの下から振る。」などです。
とてもシンプルで誰もが聞いたことはある情報だと思います。
ですが、それが正しい知識だと私は思っています

しかし、「ラケットをボールの下から振る。」方法は
腕をリラックスする。膝を曲げてボールの下に入る。など調べると様々な方法があります。
正しい知識を身に着けるには、まず色んな方法を試してください。
必ずご自身に合った方法が見つかると思います。

 

【出来るようになっても継続する事】
最後になりましたがこれが一番大事です。
「1つ出来ると1つ忘れる。」これも皆さんからよく聞きます。
論破させてください!
出来ないから練習するのですが、出来るようになっても練習してください!!
出来るようになって自信をつける事は大事ですが、意識から消してはいけません!
練習をし続ける事は素晴らしいと思います。
ですが、意識しながら練習する事はもっと素晴らしいです。
そして、皆さんはそれが出来ると私は信じています。

 

以上が私の思う「練習する上で大事なこと」です。

長々と語らせていただきましたが、最後に皆さんに伝えたいことは
少しの失敗で諦めないでください。ネガティブな気持ちは上達の妨げになります。
「私はできる!」とポジティブな気持ちを持って練習に取り組んでください。

私たちコーチはそんな皆様に情熱をもって全力でサポートいたします。
長文となりましたが、お読みくださりありがとうございました。

次回のブログは宇梶コーチ!
テーマは「最近の出来事」についてお願いします。

▲ ページトップへ