千葉県松戸市のテニススクール | 徹底した目的別・少人数制 | 常磐線北松戸駅から徒歩5分! | アルドール 北松戸校

TOP > 北松戸校TOP > ブログ

ブログ

アルドール北松戸校のスタッフブログです。

新選組【フロント須藤】

2019年4月15日

皆様こんにちは。

長谷コーチよりバトンを受け取りました、フロントの須藤です。
幕末女子と紹介してくださっていますが、新選組が特に好きなので、
彼らが絡んでいない部分はあまり詳しくありません(笑)。

今回のブログは、少々長くなる予感がします(笑)。
お付き合い頂けると幸いです。

新選組とはなんぞや?というところからお話しさせて頂きますね。

1863年、政府が京を警護するにあたって志願者を募った事から始まります。
そこへ、多摩で天然理心流の道場・試衛館を開いていた、のちの局長・近藤勇はじめ土方歳三らが参加します。
そうして集められた浪士集団が新選組の始まりです。

上楽した浪士集団は、京都守護職・松平容保の許可のもと『壬生(みぶ)浪士組』と名前を変え、街の警護を開始します。
彼らの仕事内容は、今で言うと、幕府の警察のようなものでしょうか。
壬生村に屯所を置いた浪士組は『壬生の狼』などと恐れられて(疎まれて?)いましたが、
長州藩の過度な尊王攘夷運動をストップさせるなどの活躍が認められ、『新選組』の名を拝名しました。

※尊王攘夷とは、天皇を敬い、外国人を追い払おうという考え方です。
考明天皇が外国人嫌いだったので、『天皇を敬う=天皇の敵の外国人を追い出す』という考えとなったようです。

ちなみにこの壬生の屯所、京都に現存しております!
芹沢鴨という当時の局長が、市民に対して横暴すぎて仲間に暗殺されたのですが、
その時についた刀傷が、今も柱に残っているのです。もう感動ものでした。
屯所へ行くと、スタッフの方が屯所内を案内してくださり、新選組の歴史をお話してくれますよ。
ご興味のある方は是非!

話が逸れましたね。

新選組を深く知らなくても、これは聞いた事がある方もいらっしゃるかもしれません。
1864年7月、京都三条木屋町にある旅館・池田屋で、新選組の名を日本中に轟かせる事になった事件が起きます。
長州藩・土佐藩が、京都に火を放ち、その混乱に乗じて将軍を暗殺し、天皇を長州へ連れて行くという
恐ろしい計画を立てていると知った新選組は、その会合が行われるという情報を聞きつけて市中を探索し、
池田屋に潜伏していた志士40名ほどを発見し、粛清しました。
これが有名な池田屋事件ですね。
多数の志士に対して最初に斬り込んでいったのが、幹部の4名だというのが驚きです。

そして、農民の出が多かった新選組もついに幕臣に取り立てられるのですが、
逆を返すと、幕府はそこに頼らないといけなくなるほど弱体化していたという事なんですよね。
1867年、大政奉還し徳川慶喜は政権を天皇に返上します。

新選組は旧幕府軍と共に、新政府軍と闘っていくわけなのですが、
隊士の離脱、近藤勇の投降・斬首刑を経て、戦いながら北へ北へと逃げていきます。
そして最期まで旧幕府軍とともに戦った土方歳三も、北海道・函館の五稜郭にて戦死してしまいます。

ざっくりお話すると、新選組結成からの流れはこのような感じです。

私が新選組を好きな理由は、近藤勇が『いつか幕臣になる』という実現不可能と思われた夢をしっかり叶えたところ。
厳しい鍛錬や局中法度など、時代遅れとも言える古い方法で自分達を律していたところ。(いかにも日本人という感じがします。)
そして、きっと負けるとわかっていた新政府軍との戦でも、最期まで徳川幕府の幕臣として戦いぬいたところです。
土方は地形を読み戦術を組み立てる才能のある軍師であったため、敵からも一目置かれていました。
函館で追い詰められた際に、新政府軍から『新しい世で一緒に生きないか』と誘われたのですが、
『今まで死んでいった仲間達に申し訳が立たない』と断ったそうです。

幕末志士に共通しているのは、自分の志を死ぬまで曲げずに生き抜いているところです。
日本国を良くしたいという思いは皆同じはずなのに、その志が違えば仕事の1つと割り切って殺してしまうなんて、
ある意味狂気ですよね。

長谷コーチの好きな坂本龍馬と新選組は敵同士でしたが、各々の信じるもの真っ直ぐに貫いて生きた人達なので、
私は特に新選組が好きなだけで、幕府も長州も薩摩も関係なく好きなのです。

今の平和な時代では考えられないくらい、日常的に命のやりとりが行われていた時代に生きて、
命懸けで日本を変えよう!または守ろうとした幕末の志士達は、本当に本当に格好良いです。

やっぱり長くなりましたね~。
ここまで読んでくださり、有難うございます。
本当は新選組の格好良いエピソードは沢山あるのですが、泣く泣く割愛させて頂きました。
聞きたい方は須藤までどうぞ!
少しでも幕末に興味を持ってくださったら嬉しいです。

さてさて、では次回のブログは我らが局長である吉原コーチ!
何かテニス以外の好きな事、趣味などを聞いてみたいです。
よろしくお願いします。

(*´ω`*)

▲ ページトップへ