千葉県松戸市のテニススクール | 徹底した目的別・少人数制 | 常磐線北松戸駅から徒歩5分! | アルドール 北松戸校

TOP > 北松戸校TOP > ブログ

ブログ

アルドール北松戸校のスタッフブログです。

吉澤イラストブログ【年末年始もテニスに浸ろう!】

2018年12月27日

こんにちは、吉澤です。
皆様、大掃除はお済みですか? 私はまだ終わっていません!
次のお休みには、お正月用に『紅白なます』を作るため、人参と大根を大量に切る大仕事が待っています。

北松戸校は、12月29日(土)~1月3日(木)まで、休校とさせていただきます。
年末年始のお休みに限ったことではありませんが…ときどき熱心な会員様が、
間違って休講日に来館される姿をお見受けしております。
(休講日イベントなどでフロントにいるスタッフと会って気づく方が多いです)
年末年始は、ゆっくり身体を休めてくださいね。

それでも、テニスを忘れたくない…そんな皆様には、

《こたつでテニスマンガを読む》

というのはいかがでしょう?
そんなわけで今回は、マンガ大好き吉澤おすすめのテニスマンガをいくつかご紹介いたします!

まず、誰もが知っているテニスマンガとして、

『テニスの王子様』、通称『テニプリ』はきっと皆様もご存知かと思います。
こんな感じが好きな方には、『LOVE』という作品がおすすめです!

テニスを教えてくれた幼馴染と対戦するため、
主人公は性別と年齢をごまかして男子高に入学し、体や心の問題を乗り越え、
正体を暴こうとする同級生の魔の手(笑)をかわしながら、
数々の強敵たちを倒して全国大会へ向かう…という、いろんな要素がてんこ盛りのマンガです。
目標だった男の子と対戦をしたときとクライマックスが、かなり不思議な展開で驚きますよ。

必殺技というか、実際にはなさそうなアクションの数々だったり、
汗だくになってプレーする場面は『テニプリ』に似ていますが、
お色気シーンもちょこちょこあるので、そこが『テニプリ』との一番大きな違いですね(笑)。

 

『テニプリ』と同様に、北松戸校のラウンジには文庫版のこちらも置いています。

『エースをねらえ!』です。
昔懐かしい少女マンガですね。私には描けない絵柄です…。
(^_^;

 

絵柄はともかく、少女マンガが好きな人には、

こちらの『しゃにむにGO』はいかがでしょう。
今回のブログ記事を書くのに思い出して、久しぶりに買ってきてしまいました。
(*^_^*)

主人公は、一目ぼれした女の子がテニス部だからという理由だけで、
中学で大活躍した陸上競技をあっさり辞めてテニス部に入部し、
驚異の運動神経を活かしてあっという間に上達していきます。
小さいころから天才と言われながらも今は挫折の真っ最中という同級生とライバルとしてぶつかり合ったり、
実は不慮のケガでテニス人生を絶たれてしまった好きな子にあれこれおせっかいを焼いて失敗したり…などなど、
青春の模様がいっぱい詰まったマンガです。

恋愛だけじゃなく、ちゃんとテニスのことも考えているシーンが出てきます。
例えば、テニス初心者から始めた主人公が、ライバルのラケットを借りて打った時に
「こいつ、おれよりも(テンションを)柔らかめに張ってるんだ…」と気付いたりして、成長の過程も見られます。

公立の中学校に通っているお子さんがいる場合には、
部活でソフトテニスをやっていることが多いかと思います。
そんな時は『そふてにっ!』なんていう作品もあります。

北海道の女子中学生たちがソフトテニスで全国大会を目指すお話です。先に紹介した
2作品よりもかなりライトな作風で、シュールな笑いを追求しているので、
真剣にテニスマンガと思って読まない方が良いかもしれません…(笑)。

ですが、各所に「ソフトテニスあるある」みたいなものがあるので(カットサーブの話とか、ポイントの違いとか)
ソフトテニスの経験があると、クスッと笑えると思います。
アニメ化もされているので、レンタルDVDなどで見てみるのもアリです。

 

いかがでしたか?
本当はもっとたくさんお勧めしたいのですがキリがなくなってしまうので、
今回は厳選して3作品をご紹介しました。

どの作品も単行本で5巻以上ある長編マンガなので、年末年始だけでは読み切れないかもしれませんが、
これを機にじっくり読み込んでみるのも面白いかと思います。
読んでみたよ! という方、あるいは前に読んでて知ってた! という方は、感想を教えてください!
同じマンガを読んで感想を言い合いたいです!

 

というわけで、今回のイラストはこちら!

それでは、また来年お会いしましょう。
良いお年をお迎えくださ〜い!
(*^_^*)ノシ

▲ ページトップへ